クレーター!ニキビ跡におすすめの”化粧水選び”のポイント

 

「鏡を見るたび、ニキビ跡が気になって、うんざり!」

 

そんなクレーターのニキビ跡でお悩みのあなたへ!

 

以下の3つのポイントから、おすすめの化粧水をご紹介します!

 

返金保証がある

 

実際に使ってみて、あなたのお肌にあわなかったら、お金がもったいないですよね。

 

そのため、返金保証つきの化粧水をおすすめします。

 

ニキビ跡に特化しているか?

 

ニキビとニキビ跡(※クレーター・凸凹など)は似ていますが、意味が少し異なります。

 

今回は、ニキビ跡に特化した化粧水をおすすめします。

 

※通常のニキビにも使えます

 

添加物がない

 

合成香料; 着色料; パラベン; アルコールなど、添加物を気にする人が多いです。

 

特にデリケートなお肌(※敏感肌)の人でも利用できるニキビ跡化粧水を中心におすすめします。

 

 

ニキビ跡におすすめの化粧水ランキング

 

ベルブラン

 

 

  • 返金保証:14日以内
  • 内容量:30ml
  • 初回:2,228円
  • 2回目:4,228円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • ニキビの”シミ”・ニキビ跡が気になる人
  • いつでも解約したい人!(※縛りがない)
  • 医薬部外品がいい人
  • デリケートなお肌で無添加にこだわる人

 

ニキビ跡・シミ・敏感肌と言えば・・・ベルブラン!
と呼ばれるほど、ベルブランは有名なニキビ対策美容液です。

 

以前は4か月の契約の縛りがありましたが、リニューアルでいつでも解約OK!
それと14日間の返金保証があるため、デメリットが見当たりません。

 

 

リプロスキン

 

 

  • 返金保証:60日間
  • 内容量:100ml
  • 初回:4,480円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • ニキビの”シミ”・ニキビ跡が気になる人
  • いつでも解約したい人!(※縛りがない)
  • 返金保証の期間がが長いほうがいい人

 

肌に優しく、赤いニキビ跡にピッタリの美容液”リプロスキン”

 

60日の返金保証付きなので、気軽に申し込むことができます。

 

パルクレール美容液

 

  • 返金保証:永久保証!!
  • 内容量:100ml
  • 定期:5,200円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • ニキビの”シミ”・ニキビ跡が気になる人
  • 無添加・日本製・薬用がいい人
  • 永久保証がいい人

 

パルクレール美容液は単品だと美容液だけですが、定期コースだとカラーコントロール(2500円相当)※がついてきます。

 

※ニキビを目立たないようにするメイクアップ

 

【デメリット】

 

定期便は最低4回の継続が条件となり、やや厳しめです。

 

 

ニキビ跡におすすめトライアルランキング

 

※化粧水ではなくトライアルキットの紹介です。

 

 

ノブACアクティブ

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:7日間のトライアルセット
  • 初回限定:1,500円

 

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 医薬部外品がいい人
  • 25歳以上の大人のニキビで悩む人
  • 余計な添加物や界面活性剤が配合がイヤな人
  • ニキビ跡(色素沈着・薄い凹凸)が気になる人

 

ノブACアクティブは刺激が少なく、敏感肌・乾燥肌、オイリー肌など肌質を問わず使うことができます。

 

また、マイルドピーリングXビタミンC誘導体がニキビ跡に働きかけるため、薄い凹凸など気になる方に向いています。

 

 

富士フイルム ルナメアAC

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:7日間のトライアルセット
  • 初回限定:1,080円

 

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 肌がデリケート・敏感肌の人
  • 毛穴の詰まりが気になる人
  • 赤みが強いニキビで悩んでいる人

 

ルナメアACの最大の特徴は”やさしく続けやすい”
敏感肌やデリケートなお肌に最適なニキビ対策キットです。

 

 

 

ニキビのお悩みについて

 

洗顔中の女性

 

大人ニキビと思春期のニキビの違いとは?

 

ニキビは、大人から子供まで幅広い年齢の人が悩まされる肌トラブルです。しかし、思春期の頃にできるニキビと、大人になってからできるニキビでは原因も治療方法も異なります。ここでは、大人ニキビと思春期のニキビの違いについて、説明します。
 思春期ニキビとは、主に成長期にみられるニキビです。ホルモンバランスが崩れがちな時期であり、そのことから皮脂の分泌が多くなります。そうすると毛穴が詰まりやすくなり、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすくなります。このようにしてできるのが、思春期ニキビです。治療や改善には、内服薬や塗り薬などを使用するほか、1日2回程度の適度な洗顔を心がけて肌を清潔に保つことが大切です。
 一方で大人ニキビは、思春期以降の成人した大人にできるニキビを指します。その原因も様々で、食生活の乱れや睡眠不足などの生活習慣の乱れが原因であることもあれば、ストレスが要因であることもあります。もちろん、複数の原因が当てはまることもあり、それぞれの原因に合った改善が必要です。食事を見直したり十分な睡眠を心がけること、また、ストレスを溜め過ぎないよう注意が必要です。なかなか改善が見られなければ、皮膚科の受診も有効です。

 

 

ニキビがおでこにできる原因とは?

 

おでこは顔の中でもニキビができやすい場所であり、主な原因は皮脂の過剰分泌です。他の場所と比べると皮脂の分泌量が多く、Tゾーンと呼ばれる部位には毛穴詰まりが発生しやすくなっています。その結果、アクネ菌をはじめとした菌がたくさん繁殖してニキビが発生しますので、脂症の人や毛穴詰まりが気になる人は特に気をつけなければなりません。お手入れを行う時に一つだけ注意したいのは、皮脂の分泌が乾燥から引き起こされているケースもあるという点です。この場合はさっぱりタイプの化粧品を使っても上手くいきませんので、適度に保湿を行うことが重要です。
また、シャンプーやコンディショナー、洗顔料などの洗い残しがあるとニキビができやすくなります。しっかり流しているつもりでも残ってしまうことが多いのですが、その洗い残しは毛穴の中に溜まって皮脂と混ざり合ってニキビの原因になります。生え際などは残りやすいので、より丁寧にすすがなければなりません。
他にも、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増えたり、角質が厚くなったりしてリスクが高くなります。ストレスを受けると男性ホルモンが優位になってニキビのできやすい体内環境になりますので、ストレス対策が必要です。

 

 

ニキビ跡、クレーターができる原因は?

 

ニキビができた後にできるニキビ跡はイヤなものですが、特にイヤなのがクレーター状になってしまうニキビ跡だと思います。

 

激しいニキビの炎症が治まった後にできるもので、これは肌の表面だけではなく肌の奥にまでダメージがあった状態です。

 

具体的な原因としては、肌は表皮、真皮、皮下組織から成り立っていますが、肌のハリや弾力を作っている真皮層はひどい炎症が起こると毛包下層までダメージがいってしまい皮膚の真皮層が壊されることで線維化という現象が起こりしこりのような状態になってしまいます。クレーター状になったり、血管がダメージを受けることによって血液が周辺組織
に流出して赤黒い色素沈着などを引き起こします。

 

さらに皮下組織にまで炎症が起こると、クレーター状になったりしこり状のニキビ跡が高い確率でできてしまいます。

 

そんな状態を改善するためには、ターンオーバーを意識することが大切です。

 

古い角質を取り除くことのできるピーリングを行うことで、ターンオーバーを促進させることができるため赤みや浅いクレーターなら改善を期待できます。

 

その上で紫外線対策や、規則正しい生活、肌の再生に必要な栄養をとっていきます。
深いものであれば、クリニックでの治療もオススメです。

 

 

基礎化粧品のQ&A

 

ニキビの化粧品を使う女性

 

ニキビ用の化粧水の役割は?

 

ニキビ用化粧水は文字通り、ニキビを予防したい方や改善したい方におすすめの商品です。ニキビ用と書かれている商品の役割は、まず「ニキビの炎症を抑える」という事が挙げられます。

 

炎症が続くとニキビ跡になりやすくなるため、できるだけ早めに鎮めたほうがニキビの治りが早まるのはもちろん、ニキビ跡ができるリスクを下げる事ができます。

 

ニキビ用となっている化粧水には、肌の炎症を抑える効果がある「グリチルリチン酸」という成分を、配合しているケースが多いようです。

 

グリチルリチン酸をはじめとする、他の抗炎症成分が入っている化粧水でケアすれば、ニキビの炎症を予防・改善できニキビケアとして効果的です。

 

また、ニキビ用のものには毛穴を引き締める成分が、配合されているケースも多い傾向にあります。

 

ニキビは毛穴の中に皮脂や汚れが溜まってしまうと、出来やすい肌トラブルです。毛穴を収れんさせるような成分を配合する事によって、毛穴が引き締まり皮脂や汚れ詰まり対策に効果を発揮します。

 

収れん作用のある化粧水には、ハマメリエキスなどの成分を配合しているケースが一般的です。もちろん化粧水という事もあり、ニキビ用であっても保湿の役割も担います。

 

乳液の役割を解説

肌の基本的なケアとして、多くの方が化粧水をつけたあと乳液を利用されるといった方法をされているのではないでしょうか。

 

さらにこの基本ケアに追加して、美容液で何らかの効果を狙ったり、美容オイルを少量利用されるなどの工夫をされている方もいらっしゃることでしょう。

 

乳液の役割は、基本的には化粧水で保水した状態の肌を、乳液で覆うことで保湿された肌状態を守るといったものがあります。

 

化粧水をつけてそのまま放置してしまうと、水分が蒸発することで逆に乾燥してしまうこともありえます。そうした状態を防ぐための基本ケアとなります。

 

さらに、潤いの成分を肌の奥に届けるといった効果もあります。

 

また、商品によってはさまざまな美容効果が追加されているものもあり、
アンチエイジングや美白などそれぞれに効果が期待できるものもあります。

 

人によっては乳液を利用しない方や、また肌質がオイリーであるため付けたくないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、肌のことを考えた場合にはやはり乳液は利用された方がよいと言えます。

 

オイリー肌であっても乳液を付けないことで油分が少なくなるということはなく、肌環境を整えるためにも利用したほうがよいでしょう。

 

合成界面活性剤が入っている化粧品!メリット・デメリットは?

合成界面活性剤は悪者にされがちですが、天然成分の酸化しやすい、効果が安定しない、腐りやすい等のデメリットを上手くカバーする働きを持ちます。

 

よく肌に良いと推奨されているレシチンやサポニン等は酸化しやすいので防腐剤をたくさん使わなければならず、
かえって肌に刺激を与えてしまうことがあります。また、効果が安定しなかったり低かったりして洗顔剤などは肌の汚れやメイクをきちんと落とせないというケースもあります。

 

肌に悪いとはいっても、元々は安全で効果の高い化粧品を作るためにできた成分ですので、全てを否定することはできません。

 

よく見直してみるとメリットもありますので、安全な成分を見分けることができれば効率良くスキンケアを行えるようになります。

 

注意したいのは合成界面活性剤の中でも高級アルコール系に分類されるものであり、ラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸アンモニウム等が該当します。

 

石油系もABSや直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムは洗濯用洗剤に使われるほどの洗浄力を持ちますので、肌につけるとダメージが大きくなります。

 

使ってみて肌が乾燥したりごわつきを感じたら早急に止めることが重要であり、回復させるために保湿を徹底することも忘れてはいけません。